常識的な服装を身につける

受験の面接時における服装

  • トップ /
  • 受験の面接時における服装

受験は学力だけではない

受験をする際、試験の中に面接を取り入れている学校もあります。学力を見る一般入試ではなく、学校推薦で良く取り入れています。面接では、学力ではなく人間性を試験しており、言葉遣いや姿勢、髪型など細かい点まで見られています。服装も例外ではなく、一番目につきやすい部分ですので注意が必要です。男女で見られる部分が異なりますので、把握して下さい。男性は、スーツやブレザーを着用している場合、Yシャツの第一ボタンを締めて、ネクタイが緩まないようにします。ズボンは腰履きにすることなく、ベルトをしっかり締めます。また、裾にほつれが無いようにし、シワもないようにします。靴は、かかとを踏んではいけません。もし、かかとを踏んだ跡が残ってしまっているのであれば買い替えて下さい。女性は、リボンの場合、第一ボタンを締めて、リボンが緩まないようにします。スカートは、長くも短くもない膝位の長さにします。「服装の乱れは心の乱れ」という言葉がある様に、服装が乱れていると印象が悪くなってしまいます。普段の生活でこだわりがあったとしても、受験の面接の時は、常識のある服装をする必要があります。受験を機に、社会人になる前の予行練習として、常識的な服装を身に付けて下さい。

↑PAGE TOP