自己PRできることは受験に有利

小中学校、大学の入学の際には、受験をして合格をしなければなりません。学力レベルは当然なければなりませんが、人格が良くなければなりません。また、私立の学校では、子供の能力よりも、親御さんの教育方針や、子育ての考え方、勤務先や収入などの基準をクリアしなければなりません。勉強をして、誰よりもテストの成績は良くとも、受験には面接があることが多いので、その際にお子さんが自己PRを端的にできませんと、合格する可能性は低いです。もちろん、親御さんも自己PRができる自信がなければ、優れた学友を得られる学校に入学することはできません。高いお金を支払って、勉強ばかりさせるよりも、部活動を通じてコミュニケーションの力が高まり、面接の際にも臆することなく、自己PRをできるようなお子さんに育てなければなりません。幼稚園から大学まで一貫で入学できる私立大学などもあります。子供の頃の成績が良く、苦労もなくより良い企業に就職するために、有効な方法ですが、ゆとり教育で、ぬくぬくと育ってきた子供は、普通に受験戦争に勝ち抜いてきた子供よりも能力は劣るはずです。言い方は悪いですが、苦労もせずに育ってきたお子さんは面接で、自己主張や特技をアピールする能力はありません。

↑PAGE TOP